【参】CSR情報

CSR情報

H1

環境マネジメントと負荷低減への取り組み

コンテンツ

環境保全活動の効果を高めるために、環境マネジメントシステムを構築・運用しています

伊藤ハムグループは、環境保全活動の効果を高め、持続可能な社会の構築に貢献していくために、主要な生産拠点において、環境マネジメントシステムを構築・運用し、環境保全活動を推進しています。

活動のさらなるレベルアップを図るために環境監査を実施するとともに法令遵守を行っています

写真:監査室による環境監査
監査室による環境監査

環境汚染や環境事故を防止し、環境保全活動のさらなるレベルアップを図るために、事業所ごとで環境監査を実施しています。また、監査室が、年度の計画に基づく主要事業所に対する内部監査において、環境に関する監査も実施しています。
2018年度は、合計60事業所の監査室内部監査を実施しました。
環境関連法や、環境保全協定などで定められた規制値を守るとともに、指摘事項には迅速に対処し是正を図ることで、法令の遵守を徹底しています。

図:環境関連法一覧

環境管理に関するお問い合わせに迅速かつ誠実な対応を心がけるとともに、
環境事故には迅速に対応しています

環境管理に関するお問い合わせに対して、その都度、迅速かつ誠実な対応を心がけています。

対応策実施後はその効果を確認し、お問い合わせをいただいた方に報告し、ご了解をいただいています。

お問い合わせ内容と対応策の事例
内 容 対応策
騒音 深夜の騒音が気になる。 従業員、協力会社へ可能な限り静かに作業を行う、トラックのアイドリングストップ等周知しました。
騒音 工場の用水路から水が流れているため、音が気になる。 排水ポンプ不良等が原因だったため、早急に修理しました。

緊急時の対応策

汚水や重油、薬品の漏洩など、環境汚染を引き起こすような突発的な事故を想定し、その影響の拡散を防ぎ、汚染を最小限にするとともに、早期に修復するために、環境マネジメントシステムの緊急時の処置手順に沿って、定期的に訓練を実施しています。

万一事故が発生したときには、社内間の連絡と必要に応じて行政機関や地域住民への連絡を円滑に行うように規程を定め運用しています。

工業用水処理設備異常の訓練

写真:現状確認

現状確認

写真:配電盤内確認・切換

配電盤内確認・切換

写真:注入ポンプ確認

注入ポンプ確認
環境負荷低減の取り組み

環境負荷低減の取り組み

伊藤ハムグループでは、電力・燃料・用水の使用量や二酸化炭素・廃棄物の排出量を削減するために、さまざまな環境負荷低減の取り組みを実施しています。

生産事業所の取り組み

より効率の良い機器への更新などで省エネルギーおよび二酸化炭素排出量削減を推進しています。
  • 効率の良い冷凍機に更新しました。
  • LED照明への更新を進めました。
  • 蒸気スチームトラップの点検、交換を進めました。
  • 夏期、工場屋根や室外機に散水/ルーフシェード(日よけシート)の設置などによって、設備全体の温度を下げ、冷房の負荷を低減しました。
  • 蒸気配管に保温ジャケットを取り付けました。

写真:効率の良い冷凍機(東京工場)
効率の良い冷凍機(東京工場)

写真:LED照明への更新(東北工場)
LED照明への更新(東北工場)

グラフ:総エネルギー使用量の推移

グラフ:二酸化炭素排出量の推移

冷却水や蒸気ドレン水を再利用し、用水使用量を削減しています
  • 冷却水を再利用しました。
  • 蒸気ドレン水を回収して、ボイラー用水に再利用しました。

グラフ:用水使用量の推移

写真:蒸気ドレン水貯水タンク(東京工場)
蒸気ドレン水貯水タンク(東京工場)

廃棄物の発生抑制、減容を推進するとともに、リサイクル率を高めています
  • 原料肉の包装で使用されていたポリシートを廃棄する際に、水切りを実施しました。
  • 排水に流していた脂分の除去に努め、廃水処理設備の負荷を低減し、汚泥を削減しました。

グラフ:廃棄物排出量の推移

グラフ:リサイクル量とリサイクル率の推移

対象範囲(各工場)
伊藤ハム㈱、伊藤ハムデイリー㈱、伊藤ハムウエスト㈱、浅草ハム㈱、筑紫ファクトリー㈱、ロイヤルデリカ㈱、㈱菊水、サンキョーミート㈱、IHミートパッカー㈱、IHミートソリューション㈱

事務所・営業所・物流センターの取り組み 

クールビズ、ウォームビズを実施、輸送効率の向上などにより、電力・燃料使用量の削減に努めています
  • クールビズ、ウォームビズを実施、夏場は室温が28℃、冬場は20℃となるように空調機の温度設定を調整し、節電に取り組みました。
  • LED照明への切り替えを進めました。
  • 積み合わせ輸送・混送便の利用、輸送量に応じた適正車種の選択、輸送ルートの見直しなどで、輸送効率を向上させました。
  • 保有車両の低公害車(低燃費、低排出ガス自動車、アイドリングストップ機能搭載車、ハイブリッド車など)への転換、台数の低減に努めました。

写真:クールビズポスター
クールビズポスター

グラフ:電力使用量の推移

グラフ:車輌燃料(軽油・ガソリン)使用量の推移

対象範囲(各事務所)
伊藤ハム㈱、伊藤ハムデイリー㈱、伊藤ハムウエスト㈱、伊藤ハム販売㈱、伊藤ハムフードソリューション㈱、伊藤ハムミート販売東㈱、伊藤ハムミート販売西㈱、アイエイチロジスティクスサービス㈱

【参】最新の環境活動TOPICS はこちら

最新の環境活動TOPICS はこちらからご覧いただけます。

伊藤ハム 環境活動TOPICS